スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11年後、突然目が覚めましたよ。あれほどハーレーに憧れていたのは、一体何だったのか?

s0001.jpg
バイクはハーレー以外、全然眼中にない状態が11年も続いたある日、バイクに関してはすこぶる知識・経験豊富な知人と飲んでいた帰り、ノンアルで過ごしていた私は、知人のバイクを知人宅まで乗って届けたのですが、そん時ふっと「何!?このバイク、すっげー面白れ-ぞーっ!!」ってなったのです。そのとき乗ったのは175ccのオフ車でしたが、知人は883をはじめ、他にも数台バイクを所有していて、とある一台を手放す必要があって、引取手を探していたようで、私が買い取りを申し出て、即商談成立。
s0002.jpg
このバイク、SUZUKIGZ250(日本名:マローダー)と申しまして、日本では既に絶版車で、海外(スペイン)で製造されたものが逆輸入されたものです。しかし、なぜ私はこうも逆輸入車にばかり縁があるのでしょうね。
s0005.jpg
最近思うんだけど、つまるところ、バイクの命ってズバリ「乗り味」なんだろうな、ってコト。もし見た目が命だとすれば、じゃあ壊れて走れなくてもいいってことになる。でもそれって、もはやバイクではなくクズ鉄かガラクタだよね。それなら大きさかと言えば、そもそも森やジャングルには大きなバイクで入っていくには、かなりの勇気が要る。下手したら還ってこれなくなるという不安を、大型乗りなら誰でも常に感じているから。軽いバイクならそういう心配は全くない。スピードが命かというと、世の中のバイク乗り全員がひたすら常に100km以上で走りつづけているかと言えば、ハーレー軍団みたいにゆったり走りたがる連中がいるんだから、必ずしもスピードだけが唯一無二の価値ではないはず。じゃあ音か!?と言っても意外とうるさいバイクは嫌だ、というバイク乗りもそこそこ居る。うるさい音を出して喜んでいる奴らって、例外なく自己中です。間違いない。とまああれこれ上げても殆どが何らかの難くせをつけられて否定されるのがオチなのであるが、唯一「乗り味」だけは誰も否定はできないと思う。この世のバイクの数だけ違う乗り味がある、と言ってもいいだろう。まあ私はアメリカンしか興味がなかったので、マグナ250、SHADOW1100とこのマローダー250とカブ70ccの四種類しか乗ってないが、このマローダーがあまりにも乗ってて気持ち良すぎて、バイクの命ってもしかしたら乗り味なんじゃないのか、と思うようになったのです。マローダーでオフとかダートを低速かつ低回転で走ると、ダッダッダッダッという単気筒独特のトコトコ感がもうたまりまへ~ん。このマローダーの乗り味の楽しさ・気持ち良さ、知らない人が気の毒でしょうがないっす、いやマジな話(笑)
s0008.jpg
昔はマグナやSHADOW1100にも乗っていたので、Vツインエンジンの乗り味は少しは知っているつもりですが、このマローダーは見た目地味なクセに、単気筒エンジン独特の乗り味が何ともいえない程面白いったらない。ブン回すとまあ鬼のように暴れまくるのが特徴で、ある程度回転数が上がると沸き起こる振動と音は、これまでに体感したことのないもので、乗っててとても気持ちが良い!!ハッキリ言って、同排気量でもマグナなんか比較にならない程面白い!! でもね、このバイク、スピードは110kmまでしか出ないんで、飛ばし屋向きではないけど、その範囲内なら意外と攻撃的に攻めることも可能なくらいエンジンのレスポンスもそう悪くはない。どマイナーなバイクとは言え、こんなに気持ち良いバイクってそう滅多に出会えるもんじゃないっしょ!?この気持ち良さを全てのバイカー諸氏にも是非体感してみてほしいけど、まぁ玉数が少ない、ってか殆ど無いから無理かな。その証拠にこのマローダーについてググってみて下さい。ちいとばかし中古の情報が出てくるのみでまともにレビュー書いてアップしている人が殆どいない。ここまで褒めちぎってレビュー書いたのって、私くらいなもんでしょ。だってそんだけ惚れ込んでるんすよ、このバイクに。s0006.jpg



こいつと同じエンジンを積んでいるSUZUKIの他のバイクもきっと同じような気持ち良い乗り味なんだろうね。
ffsfdjhntgjmff.jpg
しかも250ccクラスなので、車重も軽い(140kg!!)から、そこそこのダートでもまるでオフ車の如く、何の気構えもなく入っていける自由度がたまらない。300kgオーバーのバイクでは味わえない物凄く楽しく素晴らしい世界があることを改めて気付かせてくれた素晴らしいバイクっすよ。ちきしょう、大型自動二輪、必要無かったなw
s0003.jpg
s0004.jpg
私は身長167cm、体重78kgと決して大柄ではない方だけど、そんな自分が300kgオーバーのバイクに憧れていたことが、今思うと身の程知らずでした。今は身の丈にあった素晴らしいバイクに出会えてとても幸せな日々を過ごしています。




スポンサーサイト

そういや、以前はこんなバイクに乗ってやしたぜ。

sasf.jpg
HONDAのSHADOW Aero1100cc。アメリカからの逆輸入車で日本国内300台限定のレア物。見た目とパワーはスゴかったけど、音が静かな方でワイルドさに欠けていたから、半年乗って手放しました。また、車重が300kgオーバーとかなり重過ぎたため、取り回しがしづらく、山道などでちょっとした冒険などをやってみたいという気持ちをことごとくぶっ潰してくれました。sag.jpg
町中で周囲を圧倒させる程度なら十分楽しめましたけど、自分が求めているのはそっちではなかったことに気づきはじめ、いつしか乗っててあまり楽しんでいない自分に疑問を感じ、手放すことに。
bdgs.jpg
まあ、見た目だけならホント、最高にカッコいいんすよ。sfgjf.jpg
けれど、とてもつまらないバイクでした。この次バイク買うなら絶対ハーレーしかない、と強く思うようになりました。まあ少なくとも11年後まではね。見た目カッコ良いバイクに乗りたい人は別として、私が思うに、バイクは見た目なんかじゃなく、乗り味こそがバイクの真価だと思うのです。サビついたオンボロでも暴れ馬のような荒々しいバイクこそが楽しいのではないか、と。


main_line
main_line
プロフィール

コイツに生まれたかったぜ

Author:コイツに生まれたかったぜ
本業はデザイナーっす。仕事からの収入はイマイチだけど、良い家族に囲まれ、とりあえず幸せな日々。唯足るを知るっていう状況かな。

ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

およよと驚く毎日

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア
コエンザイムQ10 リンクルディフェンス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。